製品・金型を高精度データ化

 KEYENCEの3Dスキャナ型3次元測定器を2020年に導入し、プレス製品の構造解析、形状測定、金型の修理に活躍しております。

スキャンデータとCADデータの比較測定、断面形状や板の厚みを測定することができるので複雑形状の製品の品質保証が可能になりました。

 直径500mm、高さ500mmの回転テーブルに収まる大きさなら短い時間で高精度にスキャンすることが可能です。測定器頭部を取り外すことでさらに大きい対象に対応できるため、測定器としてだけでなく3Dスキャナーとして活用することができます。

 製品の形状測定、3Dデータ化はファインテクニカにご相談ください。


VL-500の紹介

【測定器の機能】

測定精度±10μm

繰り返し精度2μm

  • ノギスなどで測れない部位の測定
  • 面と穴の距離などの位置関係の測定
  • 3DCADデータと製品形状の照合
  • 製品の板厚測定
  • Excel、画像形式で測定結果を出力可能

 

当社では複雑形状のプレス製品や金型部品の形状測定、品質保

 

証に活躍しております。



【3Dスキャナーの機能】

 

  • スキャンすることで形状をデータ化できる
  • STL形式で3Dデータを出力できる
  • 大きいサイズをスキャンできる

 

スキャンデータをCADにデータを取り込むことで設計に生かすことができます。

図面のない部品や金型の修理、再生にVL-500は活躍します。

スキャン可能サイズは回転テーブル上はΦ500、高さ200ミリ以内です。

それ以上のサイズも測定可能です。

スキャンデータをSTL形式で出力することにより3Dプリンターでプリントすることができます。



3Dスキャンの注意点

 3Dスキャンの仕様上、光を製品に照射して測定する仕組みになっております。

測定対象に光沢があるとノイズが混じってしまうため、測定前に対象にスプレーで白い粉を吹きかけて光沢を抑える処理が必要です。

当社では白い粉が時間で昇華するスプレーと非昇華タイプを使用しております。


形状測定・部品などのデータ化、金型の修理など、ぜひファインテクニカにご相談ください。