プレス加工技術

マフラー部品・パイプ製品に多くの実績

 外観の美しさが重要な複雑なデザインを成形する金型を当社は手掛けてきました。

 当社の金型は自動車・2輪車部品、その他機器部品等の複雑曲面を持つ製品の成形、パイプの加工に多くの実績を持っております。

 お客様の要望に合わせて最適な金型を提案いたします。重要外観部品の絞り加工、張り出し加工の金型、パイプの加工金型はファインテクニカにお任せ下さい。

マフラー部品イメージ

加工製品紹介

材質:SUS304 用途:2輪車マフラー部品



材質:SUS436

材質:TP340



金型作成

 当社は金型を設計から製作、製品のプレストライまで自社でこなすことができる設備を保有しております。自社で行うことにより金型製作の短納期化、修理金型の素早い対応が可能です。

 熟練したプレス金型の設計製作技術を持つ当社は製品の形状や性能、コストを考慮し最適な金型をご提案いたします。また3Dスキャナー型3次元測定器を用いて製品の品質を保証いたします。


サーボプレスによる試作トライ

当社の保有するアマダのデジタルサーボプレスにより絞り成形のトライを行います。

サーボプレスは通常のクランクプレスと油圧プレスと違い、加圧のスピード・位置・加圧力の細かい制御ができます。

クランクモーションを設定することで製品に発生する「シワ」、「割れ」、「板厚が薄くなる」などの成形不良に対処することができるようになります。また、難加工材のチタン材などに対応することができるのでプレス加工の自由度が広がります。

当社では鉄、ステンレスの他にアルミ、チタン製品の実績がございます。

アマダのサーボプレス

Next Content

特殊プレス金型

 絞り成形の金型だけではありません。プレス機を使用してパイプを拡げるパイプエキスパンダー(拡管)金型、パイプの内側から穴をあける金型等の特殊な用途の金型を製作しております。

お客様の依頼により切削加工からプレス加工に工法を変えた事例も紹介しております。