拡管金型のバリエーション

Φ80mm以上の拡管加工、直径修正

 大型パイプに対応した拡管金型です。コレット先端に取り付けられたビットを交換することで直径の変更に対応できるよう汎用性を持たせました。

 拡管ユニットは少し大型化しますが、金型全体でみると大きさに大差はありません。大径パイプの拡管加工、直径の修正に実績がある金型でございます。

〇写真の拡管金型の大きさ、重量について

 奥行・横幅はプレートの寸法

  奥行:180mm

  横幅:300mm

  オープンハイト:240mm

  重量:約50Kg

 



量産性を追求した3連装拡管金型

 こちらは拡管ユニットを横並びに配置した3連装タイプの金型です。メリットの欄にあるように、当社の拡管金型はプレス機のハイトに寸法が依存しない仕様となっています。

そのメリットを最大限に生かして同じハイトで3段階の拡管加工を可能にした金型となっております。

拡管ユニットが個別に寸法調整が可能となっているため量産性が非常に高い金型です。

〇写真の拡管金型の大きさ、重量について

 奥行・横幅はプレートの寸法 

  奥行:180㎜

  横幅:500mm

  オープンハイト:220mm

 

下の動画は外径Φ50.8mm厚み1.2mmのSUS304のシームレスパイプをΦ60.5mmのパイプが挿入できるまで拡げた際の動画になります。




小型プレス機用にスリム化した拡管金型

 拡管金型のニーズに応えるために小型プレス機用にスリム化した拡管金型です。

〇写真の拡管金型の大きさ、重量について

 奥行・横幅はプレートの寸法

  奥行:180mm

  横幅:200mm

  オープンハイト:210mm

  重量:約35Kg

 

ハイトブロックが密着した状態(下死点)で寸法の微調整ができるので、小型の油圧プレスでも繰り返し精度を出すことができます。

詳しくは下の動画で説明しておりますのでご覧ください。


お客様のご要望に合わせて製作いたします。

ご紹介したバリエーションは参考になります。

お客様のご希望の仕様に合わせて拡管金型を製作いたします。

ご相談、お見積り等是非お問い合わせください。

拡管金型のエントリーモデル

価格を抑えつつ実用性を確保したライトユーザー様向けの拡管金型はこちらです。